愛人との不倫に対して前向きに捉えよう

愛情に関して深く考え始めるとそれは深遠なもので、少し考えただけでは結論軟化は出ないと思います。

自分がパートナーに持っている愛情が確かだと言える野はやはりそれだけ長く関係を続けてから初めて自信を持って言えることでしょうし、月相手の愛人だったら愛情に対する見解の相違や価値観の違いによって、うまくいかないことではあるもののロマンスを与えてくれるものとして愛情は欠かせない概念です。

愛といえば、生涯一人だけを愛し続けるというのがロマンチックで素敵だと考えられいますが、それが本当に可能かどうかは別の問題でしょう。

愛は誰にでも惜しみなく与えるものだという考えを持っている人もいるでしょうし、愛情は移り変わっていくものだと刹那的な思想を持っている人たちと、ただ一人を愛し続けることこそが本物の愛情だと信じて疑わない人まで、その人によって多様な捉え方がされています。

それが誤解のもとになったり、理解しあえないもとにもなりますが、この問題に関しては正解というものは用意されていませんし、他人に自分の考えや主張を押し付けて迷惑をかけない限りでは自由な捉え方をしていてもいいのではないでしょうか。

愛情とはこういうものだとひとつの考えに縛られていても窮屈ですし素直に恋愛を楽しめなくなる恐れもありますから、自分の考えや捉え方についても変わることを受け入れてそれを素直に楽しむくらいの軽い気持ちでいたほうが、より視点が広がってどんどん新しい刺激も入ってきて人生がより豊かになるでしょう。

たとえば結婚に対する価値観としては一般的な通念としては浮気や不倫はよくない者として捉えられていますが、そればかりを気にして自分の素直な欲求を抑圧していても本当に楽しい人生と言えるでしょうか。

愛人関係というのはあちこちで取り上げられているテーマですし決して珍しくはありませんので、ちょっとした火遊びくらいならと手を出してみたくなるのが本音だと思います。

愛人との付き合い方も人さまざまですが家庭を大事にして壊さない気持ちを持っていさえすれば、パートナーに対する裏切り行為と言えなくもないですが、ばれさえしなければ自由に楽しんでいいと割り切る姿勢も必要になるでしょう。

愛人の性欲に関しては追求していくのは環境や状況、境遇によって難しいときも多いですが、チャンスさえあればそれを逃さず掴んで一般的な倫理観や常識ばかりに捉われないでいきたいですね。

関連記事になります

  • 1番好きだった相手と愛人・セフレになりやすい?1番好きだった相手と愛人・セフレになりやすい? ほとんどの人がそうだと思いますが、歴代の恋人の中で1番好きな相手と結婚出来たという人がどれぐらいいるのでしょうか? 大半の人は1番好きな人ではなく、結婚したいと思ったタイミングで付き合っていた相手、結婚の条件に当てはまった相手と結婚しているはずです。 どうゆう事なのか?というと […]