社内で愛人を作るメリット・デメリットとは?

社内恋愛は珍しい事ではありません。なぜ職場で恋愛に発展するのか?というと一番てっとり早いからです。

言葉は悪いかもしれませんが、大人になると忙しいのでなかなか出会いがありません。

そして会社が同じであれば毎日顔を合わす相手ですから、自然と距離も縮まりやすく、飲み会や出張など関係が発展しやすりチャンスも多いというわけです。

それに会社が同じという事は仕事で忙しい時期が同じという意味でもありますし、仕事状況が分かっているので気遣いが出来るという意味でもあります。

例えば別の全く異なる業種の相手と付き合っていたら、こっちが今は忙しいから会えないなんて言えば忙しい忙しいって仕事と私とどっちが大切なの!!なんて怒られてしまうかもしれません。

こっちだって仕事が忙しい時期にそんなプライベートな事で怒られてもと腹が立ってしまいます。

しかし会社が同じであれば、お互い忙しい時期は忙しいので仕事に集中し、余裕がある時も同じなので余裕がある時にそのまま食事へ行き、ホテルへ行ってセックスをする、社会人として理想的な付き合いが出来るわけです。

もっとも社内恋愛とは恋人に限った話ではありません。

いまどき社内恋愛は珍しくない

社内で不倫をしていたり、また社会で愛人関係にあったりする事も決して珍しくないのです。

愛人に関しては秘書と上司など常に仕事中も一緒に行動を共にしますし、秘書はマネージメントという事で上司の仕事の管理をする事でますます距離が縮まりやすいのでしょう。

ただし社内恋愛は噂になり、照れくさい側面もありますが、みんなが祝福してくれる関係ですよね。

そのまま職場結婚なんて状況に発展するかもしれません。結婚をして責任感も増えたんだから仕事も頑張らないと思うでしょう。

しかしバレたら困るのが社内不倫であり、社内愛人です。

バレたら祝福されるどころの騒ぎではありませんし、修羅場になる可能性もあります。

それに不倫をする人、愛人を作る人がどんなふうに見られるのかというと、社内での評判は地に落ちてしまうはずです。

不倫や愛人はプライベートな時間であって、仕事とは一切関係ないといったところで職場とは人間関係が非常に大切とされる場ですから、不倫や愛人がバレたら仕事がしにくくなる、もしかすると昇給できなくなったり、左遷されてしまうかもしれません。

そんな社内で不倫をする事、社内で愛人を作る事のメリットとデメリットがあるという事を理解した上で作ろうと思った人はくれぐれもバレないように注意しましょう。間違っても刺激を求めて社内でセックスなんてしたら絶対にダメです。